忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/19 18:17 |
心と身の境界
(たぶん)生まれて初めて金縛りに遭った。

もしかしたら金縛りじゃないかもしれないけど(経験したことが無いから)
目が覚めたら全身が全く動かなかった。声を出そうにも口が開かないから
あ゛ーう゛ーとかうめくだけ。

でも時々妙にリアリティな夢を見ることもあるからそれの延長という可能性もある。
(しかもこういう時の夢って結構覚えてる)まぁ意識は割とはっきりしてたけど。
ていうか一般的な金縛りってのはこれのことを指すのかも。それは無いか。


気になったのでWikiさんに調べてもらった。

金縛り(かなしばり)は主に就寝中意識がはっきりしていながら体を動かすことができない症状を指す。 体が締め付けられるような感覚からこう呼ばれる。医学的には睡眠麻痺と呼ばれる睡眠時の全身の脱力と意識の覚醒が同時に起こった状態。不規則な生活、寝不足、過労、時差ボケやストレスなどから起こる。
あ、これっぽい。不規則や寝不足はめっちゃ当てはまる。

>金縛りは、いきなり起こるわけではなく、必ず前兆がある。およそ1~3Hzの"ジーン、ジーン"とした、独特の不快な前駆症状の数秒後~数分後に一瞬にして全身の随意運動が不可能となる。
これはあまり感じなかったなぁ……記憶に無いだけかも。


>金縛りには、大きく分けて、閉眼型と、開眼型の二種類が存在する。ほとんどは前者のもので、実際には閉眼しているにもかかわらず、金縛りがかかる直前の室 内の風景や、普段の室内の記憶が鮮明な夢となって映し出される。しかし、本人が閉眼型だと認知していない場合がほとんどである。
>睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があるが、金縛りが起こるのはこのレム睡眠の時である。レム睡眠の時に夢を見るのだが、夢を見ている時には脳は活発に活動しているが、体は活動を休止している。

やっぱり夢の延長だったのか……夢と感じない夢。心と身体のズレ。
ということは妙にリアリティのある夢ってのも脳の働きが活発ってことだから
金縛りの一歩手前ってことなのかね。感覚は全然違うけど。

>金縛りは、普段余り運動しない者が突然運動を行った場合などに起こりやすくなる。~(中略)~体質的に金縛りに掛かりやすい(特 に寝入りの悪い人)など様々な理由がある。
こんだけ条件満たしておいて今回が初めてってのも不思議なもんだ(寝つきは超悪い)


それにしても金縛りの最中に周りでカタカタと物音がするのだけは勘弁して欲しいんだぜ。
ビビリーだからマジで怖い(((゜д゜;;)))
PR

2007/10/20 09:28 | Comments(0) | TrackBack(0) | 日記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<朝型になるぞ! | HOME | こちらスネ○ク>>
忍者ブログ[PR]